前処理仕事人

アクセスカウンタ

zoom RSS Speciation Technique using SPE cartridge

<<   作成日時 : 2010/12/05 21:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

Speciation Technique using SPE cartridge 「良くあるCr(VI)とCr(III)の分離について」


In this entry page, I provide some Cr speciation technique using Solid Phase Extraction Preparation. The resin for Cr speciation, usually, Cation Exchange Resin and Anion Exchange combination is used.

Recently several reports were uploaded on the net. But, unfortunately some of them were written by Japanese. But Summary provides in English. You can read summary and then check the PDF text.

If Japanese is not useful for you, please use automatically translation site, ex) google.com application.


1) Development of the Determination Method of Rare Earth Elements in Seawater by ICP-MS with an On-Line Preconcentration Column of Improved Iminodiacetate Resin and Its Application to Tokyo Bay Seawater

ME-2 resin for rare earth elements (REEs)

http://www.jstage.jst.go.jp/article/bunsekikagaku/58/7/58_623/_article


2) Automated Collection/Concentration Method Coupled with Inductively Coupled Plasma Atomic Emission Spectrometry for Simultaneous Determination of Trace Multi Elements and Its Application to River Water Samples

ME-2 resin for trace level several metals in Environmental water sample.

http://www.jstage.jst.go.jp/article/bunsekikagaku/58/3/58_127/_article


3) Determination of Cr(VI) by Solid-Phase Extraction with Highly Selective Resin

AnaLig Cr-02 resin for Cr(VI) in some environmental water sample

http://www.jstage.jst.go.jp/article/bunsekikagaku/58/3/58_147/_article


4) Simple and Sensitive Determination of Chromium(VI) in Conversion Coatings

AnaLig Cr-02 resin for Cr(VI) in Industrial water sample.

http://www.jstage.jst.go.jp/article/sfj/59/11/59_749/_article


In the future, I am going to uplaod some highly selective resin for metal separation.
Bye now.



最近はクロム Cr の価数分離に関するご質問をよくいただきます。

Crは、3価 Cr(III)と 6価 Cr(VI)で価数分離が可能です。


水中では、

Cr(III) 3価陽イオン
Cr(VI) 6価容陽イオンですが、水中では、ニクロム酸としてアニオンで存在


捕集できる固相

Cr(III) : カチオン交換樹脂、キレート樹脂
Cr(VI) : アニオン交換樹脂、Cr(VI)選択性機能性樹脂 Cr-01, Cr-02, AN-01, AN-02など

このうち、Cr-02, AN-01, 02 は再生して繰り返し使用が可能なので使い方によってはコストパフォーマンスが高い。


無機分析における固相抽出のまとめ「分析化学」
各種無機分離剤の導入事例をまとめてあります。

http://www.jstage.jst.go.jp/article/bunsekikagaku/57/12/969/_pdf/-char/ja/



高選択性キレート樹脂

ME-2 Type (IC-ME type)

メタクリレートベース イミノ二酢酸基+アニオン交換能アルキル基 導入のハイブリッド型固相です。通常のイミノ二酢酸基のみの固相より、より海水中のCa, Mgの脱塩効果が高い。

キレート官能基の末端の対イオンは、H型になっています。水でコンディショニングすればすぐに使用できる点が利点です。


河口付近環境水における希土類元素の分析事例(オンラインSPE/ICP-MS)
http://www.jstage.jst.go.jp/article/bunsekikagaku/58/7/623/_pdf/-char/ja/


環境水中の各種微量元素への導入事例(オンラインSPE/ICP))
http://www.jstage.jst.go.jp/article/bunsekikagaku/58/3/127/_pdf/-char/ja/



よくお問い合わせをいただく樹脂の特性

MC-1 : メタクリレートベース 強カチオン交換基 (末端基対イオン Na+型)
IC-MC : メタクリレートベース 強カチオン交換基 (末端基対イオン H+型)


6価のクロムの分離技術(3価クロムの除去方法を含む)について
ネットから拾えるものリスト


2010年 分析化学年会発表 固相抽出によるCr(VI)の分析前処理検討

http://www.gls.co.jp/information/mm_pdf/2010jaima_bunseki.pdf


Cr(III)のキレート樹脂捕集検討

http://www.gls.co.jp/information/mailmagazine/metal_analysis/Cr_VI_Speciation.pdf

http://www.gls.co.jp/information/mailmagazine/pdf/bunsekikagaku_1.pdf



ネットから拾える、
6価クロム選択性機能性樹脂を導入した固相抽出事例


土壌抽出液、廃液への適用 (AnaLig Cr-02, AN-02)
http://www.jstage.jst.go.jp/article/bunsekikagaku/58/3/147/_pdf/-char/ja/

めっき液への適用 (AnaLig Cr-02)
http://www.jstage.jst.go.jp/article/sfj/59/11/749/_pdf/-char/ja/



後日機能性樹脂については解説を随時アップして行く予定です。

では。




おもしろ話で理解する 金属材料入門
日刊工業新聞社
坂本 卓

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by おもしろ話で理解する 金属材料入門 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Speciation Technique using SPE cartridge 前処理仕事人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる