前処理仕事人

アクセスカウンタ

zoom RSS 土壌汚染調査(重金属等)の簡易で迅速な分析技術の選定

<<   作成日時 : 2006/04/16 20:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 3

土壌汚染調査(重金属等)の簡易で迅速な分析技術の選定



東京都の公式WEBより引用
http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2006/03/20g3t300.htm



平成18年3月29日
環境局

 土壌汚染対策では、汚染物質の分析や汚染された土壌の処理等の対策費用が一般に高額なことから、低廉な対策技術の普及が求められています。このため、汚染物質の分析費用の低減化、調査期間の短縮化を目指し、実用段階にある土壌中の重金属等の簡易分析法を公募し、実証試験を行いました。
 この度、環境確保条例における土壌汚染調査(重金属等)のための簡易で迅速な分析技術(簡易分析法)を選定しましたので、お知らせいたします。

1 対象技術
 公募した技術は土壌中の次の9項目の全て又はいずれかを測定する技術

カドミウム及びその化合物
六価クロム化合物
水銀及びその化合物
セレン及びその化合物
鉛及びその化合物
砒素及びその化合物
ふっ素及びその化合物
ほう素及びその化合物
シアン化合物
2 選定した技術
 表−1のとおり13技術を選定(応募技術28技術)

3 評価の基準
(1)公定法(法に定められた方法)と比べ簡便で短時間に分析できること。
(2)一定の精度・感度が確保されていること。

実証試験結果が公定法に比べて±20%以内の範囲に収まること。
基準値の2分の1以下まで測定可能なこと。
(3)人体及び環境に有害な物質等を使用しないこと。

4 選定した技術の活用法
 今回選定した13技術については、今後環境確保条例に基づく土壌汚染の調査で使用可能な簡易分析法として位置づけていきます。

 なお、個々の技術の詳細は4月上旬ごろ環境局ホームページに掲載します。

(参考)



従来公定法に入ってこなかったボルタンメトリーの採用が確認されます。
また吸光度法などの従来からの手法も採用されています。
当然の事ながら、含有での蛍光X線は強いですね。
しかしながら、すべての項目「特に溶出試験」の方での充実はこれから
のようです。追加募集もあると聞いていますので、各項目に適用できる
手法が埋まるのが期待されます。

今年の学会で、簡易法に関する発表が増えるのではないかと期待しています。


土壌・地下水汚染のための地質調査実務の知識はこちらから
土壌・地下水汚染のための地質調査実務の知識

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
有害物質汚染度チェック
こんにちわ。[アンチエイジングへの道(アンチエイジングとは?)]のakiです。アンチエイジングの前に、悪いものは使わない!そのためにたくさんの経皮毒等の話してきました。実際あなたの生活習慣はどうでしょうか?実際にチェックしてみましょう。YESが多いほど、体... ...続きを見る
アンチエイジングへの道(アンチエイジング...
2007/02/13 02:21
有害物質汚染度チェック(経皮毒)
アンチエイジングの前に、悪いものは使わない!そのためにたくさんの経皮毒等の話してきました。実際あなたの生活習慣はどうでしょうか?実際にチェックしてみましょう。YESが多いほど、体内外が有害物質に汚染されている率が高いと言えます。あなたはいくつ当てはまります... ...続きを見る
世にも奇妙な 経皮毒問題
2008/01/10 10:08
東京都の土壌汚染対策情報が更新されてました。
すこし、情報遅れましたが、東京都の土壌汚染対策情報が更新されてました。 ...続きを見る
必殺必中!前処理仕事人
2008/04/11 13:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして、はんにゃと申します。
怒涛の人生展開で食品の無機質測定をすることになり、ひとまず前処理を調べなくては・・・とひとりで慌てふためいていたところこちらにたどり着きました〜
必殺必中!前処理仕事人。なんてすばらしいのでしょう!救世主がここにと思い、突然ながらコメントを残させていただきました。
ついでにこの初心者に教えていただきたいのですが、お勧めの前処理法はありますか?
ICPで測定をしようと思っており、いま乾式灰化法をしようかと目論んでいるのですが多くの資料をするのはクロスコンタミ等の不安もあります。そして何より機器がない!
ほんと基本で申し訳ないのですが、初心者なもので・・
なにか助言いただければ幸いです〜
それでは突然の訪問失礼しました!!
また勉強させていただきに訪れますのでそのときはよろしくお願いします〜〜
はんにゃ
2006/05/10 12:58
はんにゃさま。
コメントありがとうございます。

簡単ですが、コメントを。。。

食品にもいろいろあると思いますが、基本的に以下のような物で対応できるはずです。

試料は、出来るだけ細かくしてください。
含水資料は、穏やかに乾燥させてください。

油分があまり多くない試料であれば、試料0.5gに
濃硝酸10mL程度加えて湿式分解を行います。
コニカルビーカーと時計皿。または、
ケルダールフラスコ、(還流器付きなら尚良い)
温度100℃から200℃


油分が多い場合
上記と同じ要領で硫酸+硝酸分解を行う。
温度300ー400℃
器具は、ケルダールフラスコの方が有利。
温度などについては、昨年度の「ぶんせき」
でケルダール分解の特集記事などがでてたと
思うのですが、ただいま、出張中にてしらべ
られません。

具体的なサンプルによって、文献等を調査すると
良いかと思います。

また、お気軽におたずねくださいね。

それでは。
あき
2006/05/12 06:58
早急なレスありがとうございます!

ひとまず凍乾品を使用して測定をしようと思っていますので、濃硝酸を使用した湿式分解でチャレンジしてみようと思います。

湿式も混酸がいろいろあるみたいで、
初心者な私には??でしたが、
ひとまず油分が多いような分解困難な場合は
硝酸を使用すればいいのですね〜

わかりやすい助言をありがとうございました〜
出張中なのにこんな初歩的な質問にご返答いただけて感謝感激です〜〜

もうチョット自分でも調べて勉強しなければと奮起しました!
でも、また初歩的なことでお聞きするかもしれませんが・・・
よろしくお願い致します。

それでは。。
はんにゃ
2006/05/15 12:38

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
土壌汚染調査(重金属等)の簡易で迅速な分析技術の選定 前処理仕事人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる