前処理仕事人

アクセスカウンタ

zoom RSS 形態別分離向けHPLC/ICP-AES, HPLC/ICP-MS 分析のポイント

<<   作成日時 : 2005/05/30 01:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

オンラインHPLC/ICP、HPLC/ICP−MSのノウハウをまとめております。現時点でのポイントを以下に整理してUpしておきます。わかりづらい点はコメントにて質問よろしくです。

==============================================================

形態別分離向けカラムの選択のポイント

  ★ 分析対象と目的元素に応じて、各種カラムを選択する
  ★ 生体試料中の成分分析はセミミクロを用いて微量インジェクションを行う

イオン交換系 : 汎用される分離モード 価数別分離に適している

3価、6価Crの分離、3価、5価Asと有機ヒ素の分離など
アプリケーション応用例 臭素酸、ハロオキシ酸、クロム、ヒ素、セレン


逆相系 : 迅速分析に利用される 有機形態のヒ素の分離に適している

ジフェニルアルシン酸を含めた有機ヒ素と無機ヒ素の分離など
アプリケーション応用例 ヒ素化合物8成分、ジフェニ、モノフェニルヒ素



==============================================================

装置ユニットの選択のポイント


セミミクロカラム対応ノンメタルHPLCを選択する

 ★ ポンプ駆動系、配管関係はすべてピーク樹脂などのノンメタル素材を採用

 ★ 微量成分を分析するためのセミミクロ配管(ノンデッドボリューム)
   対応製品を採用

 ★ セミミクロ分離+純水希釈ライン追加システムにより、ほとんどの移動相
   を利用可能に。有機溶媒や緩衝塩を希釈できるので。

 ★ 分離カラム出口から、ネブライザーまでは、最細・最短・ノンデッドスペースで


==============================================================

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
形態別分離向けHPLC/ICP-AES, HPLC/ICP-MS 分析のポイント 前処理仕事人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる