前処理仕事人

アクセスカウンタ

zoom RSS わたしの語学トレーニングについて紹介

<<   作成日時 : 2005/05/22 21:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
みなさま。こんばんは。日頃から英語アレルギーを取るために、日々トライしていることがいくつかあります。本日はその中からいくつか紹介します。

リスニング 無理せず、時々やります。

寝る前にFENイーグル810をスリープタイマーにして聴きながら就寝。特に深夜0時前後はロック番組をかけているので、リスニングが嫌いな人でも、新旧併せたハードロックが好きな方は持続するでしょう。

書店で購入したCD付き簡単会話集をiPodにいれ、気が向いたときに聞き流す。最近知り合いに、ダイソーの100円ショップで、テキスト100円、ネイティブCD100円で販売している情報をキャッチ。本日仕入れに行きましたが、内容充実。お薦めです。語学教室に大枚はたくくらいなら、100円シリーズをお薦めします。

テキストばっかりだと飽きてくるので、洋画を見にいきます。ハリウッド映画なら、内容が難しくないので、英語に集中できて楽しいです。最近なら、「ドッジボール」「デンジャラスビューティー」などいかがでしょう。ちなみにマイフェイバリット俳優は、モーガンフリーマンとサンドラブロックです。



リーディング 時々やらないと長文アレルギーになってしまうので。。。。

装置マニュアル
業務上、装置マニュアルを読まざるを得ません。必要に迫られて読みます。目の前の装置を動かさなければならない使命から、必死に読みます。目の前に装置があると、ほとんど辞書がいりません。語彙が増えていきます。ただし、日常会話には使えませんが。。。。

TIMEの年間購読
これをやっている人多いでしょう。でも、挫折する人も多いでしょう。読んでいて、ちんぷんかんぷんなところが多いからなんですよね。デモ大丈夫です。写真とコメントだけでもいいので、眺めて、最後までいったら、資源ゴミに出しましょう。これで長続きします。しかし、月に1度くらいは、ぐっとくる記事と出会います。たとえば、最近だとスターウォーズ・エピソード3特集。こういう自分の好きなテーマと出会ったときは、がんばって精読します。結構辞書無しで読めるはずです。つまり、背景を知っていると新聞、雑誌は、ネイティブでなくても読めるものです。がんばって継続しましょう。


洋書 ミステリー、サスペンス、SFがお薦め

洋書を読み流します。もちろん辞書を引きません。ポイントは、辞書を引かないことです。どうしても、われわれは、意味がわからないと辞書を引きがちですが、長文を読むのにいちいち辞書を引いていたんでは、一冊読み終わりません。

でも、さっぱり、よめない!ということもあると思います。これは、著書の語彙、背景、テーマが本人の興味対象とあっていないためであり、ジャンルやテーマや作家を片っ端から、つまみ読みしていくと、自分にぴったり当てはまる作品にであうはずです。

もし、「ハリーポッター」をよんで、挫折した方は、子供向けストーリーに映像無しでついて行けなかっただけですので、安心してください。自分の好きなジャンルを見つけてください。そして、好きな作家を探してください。キット見つかりますよ。よく、TOIECレベルとか書いてありますが、関係ないです。内容がおもしろかったら読めるはずです。それくらい、小説の文章は平易であり、会話文は生き生きしています。

大人の人だったら、殺人事件や警察や推理やラブシーンが適度に錯綜する「サスペンス」「ミステリー」「ホラー」「SF」のなかから、選ぶといいと思います。最初全然、頭に入ってこなくても、殺人が起こるとストーリーについて行けるようになったり(笑:本当です)、ラブシーンだけは、妙に頭に入ったりします。これは、人間の想像力が語彙力を補うためで、知らないうちにいくつかの新しい単語が、辞書無しに頭に入っていきます。殺人シーンは、生き生きとした英語表現が読めて、感動しますよ。語っている内容は、良俗に反する出来事なんですが、平易な単語を駆使して、場面を描写する英語独特の表現を生でふれられるのは、新しい発見につながると思います。皆さん是非チャレンジしてみてください。

それでも不安がある人は、日本語で翻訳文庫がでている同じタイトルを2冊買いましょう。英語の小説は、イントロのプロローグが理解しずらいものが多いです。最初日本語版で、50ぺーじだけ、よんで、背景を理解したら、原書を読んでみてください。信じられないほど、理解できるはずです。気がつくと50ページ分の所に到達して、続きを原書のまま、読み進められます。

絶対にしてはいけないことは、原書を1ページ読んで、回答のつもりで、翻訳版を2,3ページ読むというやり方です。読解力は決して向上しません。あくまでも、辞書無しで、200ページ前後を一気に読んでいかないと長文に慣れてこないと思います。逆に我慢して、200ページぐらい読むと、半分程度読んだことになって、がんばって、一冊読み終えるはずです。

最近読破したもので、理系の人にお勧めなのが、「タイムライン」です。SF、考古学、工学用語、専門用語が理系にはなじみがあって理解しやすいのと、翻訳文庫もあります。原文も翻訳文も一気にいけると思います。


ちなみに、本日休日で洋書コーナーで衝動買いしたのは、

「ジリアン・ホフマン」著の「報復」です。
原題 Retribution   by Jilliane Hoffman

文庫と原書両方買いました。理由は、ずばり Retribution という単語に惹かれたからです。メタルファンの人なら、JUDAS PRIESTの新作がAngel of Retributionだということは知っていると思いますが、「そうなんだ報復というような意味だったんだなぁ」とかおもいながら、内容紹介を読んで、新人作家の鮮烈デビュー、しかもサスペンス・スリラーものということで、買っちゃいました。


ではまた。


報復

Retribution
報復 (ヴィレッジブックス)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
あき様
こんばんわ、vitaminです。
取説、英語なんで触りもしておりません(笑)
vitamin
2005/05/26 01:18
vitaminさま。
こんばんは。コメントどうもです。
普通は読むこと無いですよね。取説。
わたしも、日本語版があったら、たぶんよまないでしょう。ははは。。。。
小説は趣味で読んでいます。なかなかスピードアップしませんが。
あき
2005/05/26 23:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
わたしの語学トレーニングについて紹介 前処理仕事人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる