前処理仕事人

アクセスカウンタ

zoom RSS IFAT 2005 第14回 国際環境保護・廃水/廃棄物処理・リサイクル専門見本市

<<   作成日時 : 2005/04/14 08:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
IFAT 2005 第14回 国際環境保護・廃水/廃棄物処理・リサイクル専門見本市
会期:2005年4月25日(月)〜4月29日(金)

開催地: ドイツ / ミュンヘン
会場: Messegelande
展示内容: 廃棄物処理、排気ガス処理装置、汚水処理技術、蓄積汚物処理、排水、下水工事、汚泥処理、リサイクル、都市清掃、道路冬期作業、環境技術、取水
入場対象: 業者・一般
開催頻度: 3年に1回


世界最大を誇る環境保護技術の見本市がドイツで開催されます。なんとか、会社より許可がもらえたので、月末行ってきます。幕張メッセが何個かはいりそうなぐらいばかでかい会場を野外まで使用してすごいことになっています。現地レポートをUpする予定ですので、興味ある方はお楽しみに。


日本語説明サイト
http://www.tradefairguide.com/more.php?s=5976

世界の見本市・展示会の検索サイト「tradefairguide.」を利用するとこのような見本市が簡単に検索されます。ジャンルも全分野に及びます。興味ある方は↓
http://www.tradefairguide.com/



オリジナルドイツサイト(英語ページ)
IFAT 2005:The Leading International Trade Fair for Waste Disposal and Environment. 14th International Trade Fair for Water - Sewage -Refuse -Recycling.
http://www.ifat.de/id/21863/

出展業者リスト(環境分析関連)
http://www.ifat.de/id/31610/pagepart/branchlist/fair/572/key/10/level/1



JTBツアー紹介サイト 
環境関連視察の専門:JTBエコ・ミッション・デスク
http://www.jtb.co.jp/kaitora/eco/mission.html

==JTBサイトより引用==
環境問題への取り組みに熱心で、この分野における最高の技術とノウハウを持ち、環境に対する国民の意識も高いことで知られるドイツ。中でも、世界に先駆け<環境省>を設けたバイエルン州・州都ミュンヘンにて開催される「IFAT」は、1966年の初回開催から40年近くの歴史と実績を持ち、今や上下水道・廃棄物処理・リサイクリングをはじめとした環境産業を網羅し、常に業界の最先端を行く世界最大級の専門見本市として、世界各国からの注目を集めています。

IFAT 2005
<メッセ・ミュンヘン・インターナショナル 公認特別ツアー>


● ご旅行期間 :2005年4月23日(土)〜4月29日(金)7日間
● 訪問国 :ドイツ(ミュンヘン)
● 企画 :
メッセ・ミュンヘン・インターナショナル日本代表部

● 企画協力 :
ルフトハンザ・ドイツ航空

● 企画のポイント :

世界最大級の環境問題見本市に際し、業界の最新動向を効率よくご視察頂くことが出来、さらには現地企業や関係者との交流を深めていただける公式ツアーです。
・ IFAT2005前夜祭での出展企業・ゲストとの交流                ・ 初開催となるオフィシャルイベント「ジャパンフォーラム」へのご出席
・ 主催者からの現地事情並びに、当見本市に関する特別レクチャー
・ IFAT会場視察時には環境専門通訳が同行
・ IFAT2005出展企業との窓口機能

● 旅行主催:JTB海外旅行虎ノ門支店 エコミッションデスク
 (国土交通大臣登録旅行業第64号 日本旅行業協会正会員 ボンド保証会員)



参考資料
国内でもエコに関する展示会があります。少し先ですが、「エコ・テクノ2005」という見本市があります。

===見本市公式サイトより引用=====
エコ・テクノ2005【地球環境・新エネルギー技術展&セミナー】(ECO-T 2005)
-----------------------------------------------------------------------
地球環境時代にふさわしい環境保全・エネルギー技術を一堂に紹介し、環境技術交流を促進することで関係業界の技術革新、設備更新を促し、地域産業界の環境意識の高揚と環境ビジネスの健全な発展を図る。また、ひろくアジア地域を見据えた国際交流の場として環境技術並びに製品の普及等、国際化の進展に資する。
-----------------------------------------------------------------------
北九州市、(財)西日本産業貿易見本市協会
-----------------------------------------------------------------------
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、(財)新エネルギー財団、(財)省エネルギーセンター、(社)日本産業機械工業会、(財)地球環境産業技術研究機構、(財)クリーン・ジャパン・センター、(財)北九州国際技術協力協会、九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ
-----------------------------------------------------------------------
国土交通省、環境省、経済産業省九州経済産業局、(独)国際協力機構九州国際センター、(独)日本貿易振興機構、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県、山口県、(財)福岡県中小企業振興センター、(財)佐賀県地域産業支援センター、(財)長崎県産業振興財団、(財)くまもとテクノ産業財団、(財)大分県産業創造機構、(財)宮崎県産業支援財団、(財)かごしま産業支援センター、(財)沖縄県産業振興公社、スチール缶リサイクル協会、アルミ缶リサイクル協会、(財)エンジニアリング振興協会、ガラスびんリサイクル促進協議会、(社)産業環境管理協会、(独)科学技術振興機構、(財)石炭利用総合センター、(社)全国産業廃棄物連合会、(社)全国都市清掃会議、(社)ソーラーシステム振興協会、(社)日本ガス協会、日本環境アセスメント協会、(財)日本環境衛生センター、(財)日本環境協会、(社)日本環境測定分析協会、(社)日本機械工業連合会、日本下水道事業団、(財)日本産業廃棄物処理振興センター、(社)日本水道工業団体連合会、(社)日本電機工業会、(社)プラスチック処理促進協会、(独)水資源機構、(社)九州機械工業振興会、(社)九州・山口経済連合会、(財)九州地域産業活性化センター、九州商工会議所連合会、(財)北九州活性化協議会、(財)北九州産業学術推進機構、NHK北九州放送局、(財)九州産業技術センター、グリーン購入ネットワーク
-------------------------------------------------------------------------
平成17年10月19日(水)〜21日(金)・3日間/午前10時〜午後5時
-------------------------------------------------------------------------
【展示会場】
西日本総合展示場新館(北九州市小倉北区浅野3−8−1)
【セミナー会場】
西日本総合展示場・新館会議室(北九州市小倉北区浅野3−8−1)
北九州国際会議場(北九州市小倉北区浅野3−9−30)
------------------------------------------------------------------------
約250小間/約5,500平米
※基礎小間(幅 3m×奥行き 3m、高さ=2.7m)
------------------------------------------------------------------------
無  料 (入場登録制)
------------------------------------------------------------------------
30,000人 (前回 35,037人)
------------------------------------------------------------------------





以上、環境関連技術展示会情報でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
IFAT 2005 第14回 国際環境保護・廃水/廃棄物処理・リサイクル専門見本市 前処理仕事人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる