前処理仕事人

アクセスカウンタ

zoom RSS 無機分析のための酸分解前処理基礎その1

<<   作成日時 : 2005/03/25 10:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

「酸分解に利用される酸の種類と分解容器について」

非常に簡単ではありますが、酸分解基礎、第一回は、酸の種類と分解温度についてまとめてみました。酸の沸点と分解温度は、湿式分解を行う上で非常に重要です。一度まとめておくとよいでしょう。

==================================================================
H2SO4 硫酸
有機化合物を酸化、水和させるか、スルホン化する強鉱酸

 最適分解温度 230℃以上
 100%硫酸の沸点 314℃
 1水和物の沸点 290℃
 2水和物の沸点 167℃
 ガラスもしくは石英の分解容器



=====================================================================
HC 塩酸
酸化を伴わない、無機強鉱酸

 最適分解温度 80℃以下
 20%塩酸の沸点 110℃
 樹脂製、ガラス、石英の分解容器



======================================================================
HNO3 硝酸
強い酸化作用を伴う、無機強鉱酸

 最適分解温度 80-120℃
 100%硝酸の沸点 83℃
 68%硝酸の沸点 120℃
 樹脂製、ガラス、石英の分解容器



==================================================================
HF フッ酸
酸化を伴わない、強酸

 最適分解温度 95℃以下
 37%フッ酸の沸点 111℃
 テフロン製の分解容器を用いる



===================================================================
H2SO4/HNO3 硫酸/硝酸系
サンプルに対し、最初にH2SO4を加え、炭化を行う。
反応を温度200℃以上に設定する。続いて、HNO3を加え、湿式灰化を行う。

 最適分解温度 80-120℃。
 ガラスもしくは石英の分解容器を用いる。



===================================================================
HNO3/HClO4 硝酸/過塩素酸系
最も強力な分解を促す混酸の組み合わせ

 最適分解温度 145-200℃。
 HClO4(過塩素酸)使用時は、常時酸蒸気対応のフードを使用
 ガラスもしくは石英の分解容器を用いる



===================================================================
HNO3/HCl 硝酸/塩酸系
強い酸化作用を持つ混酸の組み合わせ酸分解時、褐色のガスを発する

 最適分解温度 95-110℃
 樹脂製、ガラスもしくは石英の分解容器

==================================================================


以上、基本的な酸分解の酸の組み合わせについてまとめました。
次回、分解システムについて。まとめます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
無機分析のための酸分解前処理基礎その2(食品系試料)
食品試料の酸分解方法について現在検討している簡易法について整理しておきます。 ...続きを見る
必殺必中!前処理仕事人のつぶやき@Web...
2005/05/21 14:02

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
無機分析のための酸分解前処理基礎その1 前処理仕事人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる